0120-814-118 診療時間:10:00〜13:00 / 14:30〜19:30

DOCTOR

臨床データで、
これからの医療を支える

口腔内の健康を維持するためには、歯だけを診るのではなく、全身との関連性を診る必要があります。私たちは臨床データから口腔内や全身疾患の関連性を考え、歯科領域だけに捉われず医科領域と融合し、原因療法への対処と全身疾患の改善を包括的に行っています。

これからの医療では身体の健康バランスを整えることが重要です。口腔内においては、噛む機能や見栄えを整えるなど口元の健康を総合的に捉えた治療を行い、同時に全身科医として、口腔内から体内にいきわたる栄養、血液、細胞の活性化を目指した免疫力向上の身体づくりを考え、患者様にとって本当の健康を提供できるように新しい医療への取り組みを展開していきます。

PROFILE

日々進化する歯科治療では、次々と新しい治療方法や材料が生まれています。そうした「変化」に対して常にアンテナを張り、安全性や患者様への有効性を精査した上で積極的に取り入れ提供すること、これが当院のモットーです。そして最善の方法を提案・提供するように努めることが、当院の考える「理想的な治療」です。
現在、日本は高齢化社会ということもあり、これからの歯科医療は「歯を診る」だけでは不十分であると考えています。当院では「医科歯科」という特性を活かし、医科と密に連携をはかり治療を進めてまいります。

医療法人社団友愛会
IK医科歯科クリニック 理事長

入江 雄一郎Yuichiro Irie

PROFILE

【所属学会】
  • 国際インプラント学会 認定医
  • ハンスバイオメッド インストラクター
  • 美容口腔外科研究会 主宰
  • 審美歯科学会 大会役員
  • 日本アンチエイジング歯科学会理事 大会実行委員長 認定医
  • 日本美容整形外科学会 会員
  • ウェルハート 美容整形 指導医
  • 分子整合栄養学会員 コース修了
  • オステムインプラント 再生医療 美容 インストラクター
【経歴】
  • 1990年
    大阪大学歯学部卒業
  • 1990年
    大阪市内の歯科医院に勤務し歯科領域全般の技術、知識を培う
  • 2009年
    歯科専門の入江歯科医院を大阪市中央区に開業
  • 2014年
    医科と歯科を両立したクリニックを目指し、入江歯科医院からIK医科歯科クリニックに医院名を変更 現在に至る

インプラント外科技術を
追求した手技

インプラントは様々な歯科医院で治療として行われています。患者様にとって安全な治療であることが重要ですが、残念ながら昨今では歯科医院や歯科医によって外科技術・知識に差があるのが現状です。患者様が安心できる治療を行うにあたっては、最新の設備ももちろんですが、歯科医としてのインプラント技術にウエイトが置かれます。
私たちは、大学病院や多数の歯科クリニックでの経験を積み、開業以来、長きにわたるインプラント治療に臨み、安心して治療を任せていただける技術を研鑽してきました。生涯不自由なく噛める歯を提供するため、これからも歯科医としてインプラント技術を追求していきます。

PROFILE

歯科治療の考え方は、時代と医療の進化と共に年々変化しています。一般歯科や予防歯科の治療方法の変化はもちろん、口腔外科技術や口腔内科の重要性が高まってきました。 年齢を重ねても自分の歯を維持し健康的に噛める歯を保つこと、咬合機能の維持が重要です。歯科医として常にインプラント外科技術に向き合い、患者様にとってベストな治療をご提案しています。

医療法人社団友愛会
IK医科歯科クリニック 院長

森井 洋明Hiroaki Morii

PROFILE

【所属学会】
  • DGZI ドイツ本国口腔インプラント学会 Oral Implantology Specialist
  • DGZI ドイツ本国口腔インプラント学会 Expert Implantology
  • ISOI 国際口腔インプラント学会 理事
  • ISOI 国際口腔インプラント学会 指導医・認定医
【経歴】
  • 1990年
    大阪大学歯学部卒業
  • 1990年
    大阪市内の歯科医院に勤務し歯科領域全般の技術、知識を培う
  • 2009年
    歯科専門の入江歯科医院に就業
  • 2014年
    医科と歯科を両立したクリニックを目指し、入江歯科医院からIK医科歯科クリニックに医院名を変更 現在に至る
  • 2015年
    IK医科歯科クリニック 院長就任

INTERVIEW理事長・院長インタビュー

臨床医としての責任は、
患者様が不自由なく噛めること咬合専科と全身科の関わり

生涯健康な咬合機能の維持を追求

口腔外科と口腔内科を実践した、
唯一のクリニックを目指して

欠損した歯を補填する第一選択肢は、今もなおインプラント外科治療が挙げられます。多くの歯科医院が様々なインプラント治療を展開し、どの医院でも技術水準が上がり、患者様にとって不自由なく欠損歯を補えるようになってきてきています。しかし、本当にただ「噛める」だけで良いのでしょうか。

当院では、数十年後の口腔機能の状態や、全身に影響を及ぼす内科的な疾患などを考え、真の健康づくりを目指したインプラント治療を行っています。口腔内の治療は、歯科領域での口腔外科から、細菌学や血液学まで多岐にわたる内科領域の知識が必要です。生涯健康な咬合機能の維持を目標に、私たちは、口腔外科技術と口腔内科を融合させ、患者様の健康を保つ最善の治療を実践していきます。

遠方の患者様からの評価が高い
口腔領域のスペシャリスト

インプラントをするなら、
より安全に、確かな技術と設備で

当院では、最新鋭の設備と高い技術、そして妥協なき治療で、インプラントをはじめ、欠損した歯でトラブルになった症例をケアし、様々な選択肢を提示しています。
インプラント治療は外科手術なので、もちろん最新鋭の設備が必要です。歯科用CTなど3Dレントゲンなどで埋入する位置を精緻に決定していくのですが、手術後のインプラント周囲炎という細菌感染の炎症を起こす患者様もいらっしゃいます。インプラントは天然歯に比べ、細菌への抵抗力が少ないため、炎症や骨吸収されてしまう速度が速いことが特徴です。ですから当院では、自浄作用の高い自身の血液や幹細胞などの再生医療を活用し、口腔内に注入し、全身から炎症を押さえていく方法を取ります。
細菌学、血液学、歯科学と融合し、より安全に治療できる環境を整えることが私たちの使命です。

大学病院レベルの外科技術

咬合専科と呼ばれる
インプラント治療

歯科では口腔内のトラブルによる疾患が多岐にわたり、またインプラントにおいては、近年術式などが日進月歩で変わってきています。様々なメーカーのインプラント材や薬剤、セミナーや学会などでの治療法、機器設備、材料など、自分の目で見て高い専門性で治療を実践することを軸に日々治療に臨んでいます。咬合専科と呼ばれるほど、インプラントの埋入による適合を精緻に行い、患者様に負担の少ない治療を実践しています。

プロフェッショナルとしての技術

サージカルガイデッドで
CTデータから
インプラントオペを実践

欠損した部分は、歯槽骨、歯肉、歯周組織、粘膜と様々な側面で治療を考えなければいけません。歯の解剖学と細菌学の知識を併せ持ったインプラントオペを実践し、全身疾患との関係性を考えながら治療を専門的に行っていきます。
当院ではガイドオペを導入しています。CTデータで埋入方法をシミュレーションし、インプラントの施術をCTデータを元に作成されたサージカルテンプレートのガイド通りに行うものです。チタンネジをガイド通りに正しい方向や深さで埋入します。サージカルガイデッドにより安全なオペを実践できるため、患者様の負担はより小さくなります。
大阪内で安全で技術力の高いインプラントオペを目指して、日々治療に臨んでいます。

IK医科歯科クリニック

大阪市中央区南船場3-4-26

最寄り駅:
地下鉄心斎橋駅・長堀橋駅より
それぞれ徒歩3分

0120-814-118

診療時間:10:00〜13:00 / 14:30〜19:30

※上記の時間でご予約・カウンセリングのお問合せを受け付けております

休診日:日・祝日

入江

森井

山口
(旭)

森井

山口
(修司)

森井

美容休診

入江

森井

山口
(旭)

入江

森井

野村

入江

森井
(午前のみ)

上野